トップページ » 新着ニュース » 産業未来基地とちぎ中央(みぶ羽生田産業団地)の土地売買に関する基本合意書の取り交わしを行いました
更新日:2014年09月02日

産業未来基地とちぎ中央(みぶ羽生田産業団地)の土地売買に関する基本合意書の取り交わしを行いました

 企業局では、平成26年9月2日(火曜日)、県庁内におきまして、「産業未来基地とちぎ中央(みぶ羽生田産業団地)」の分譲中の土地及び及び今後造成予定の土地の売買を約する旨の基本合意書を、ファナック株式会社の稲葉善治社長と福田富一知事との間で取り交わしを行いました。

 福田知事は、「産業用ロボットや小型マシニングセンタなど、卓越した技術力を武器に世界のトップを走るファナック株式会社が栃木県に立地いただけることは大変喜ばしく心から歓迎する。今後、工場や操業が円滑に進むよう全庁を挙げてサポートさせていただく。」と挨拶を述べました。

 なお、現在分譲中の土地につきましては、今月中に分譲契約を締結する予定です。

進出企業の概要

  • 企業名 ファナック株式会社
  • 本社所在地 山梨県南都留郡忍野村
  • 代表者 代表取締役社長 稲葉 善治
  • 事業内容 CNCシステム、ロボット、ロボマシンの開発、製造、販売、保守

分譲地の概要

  • 所在地 栃木県下都賀郡壬生町みぶ羽生田産業団地
  • 現在分譲中の土地 第1街区、第2-2街区、第3-9街区~第3-11街区、第5街区
  • 今後造成予定の土地 第2-1街区、第2-3街区、第3-1街区~第3-8街区、第4街区

 みぶ羽生田産業団地の区画図はこちらを参照ください。

 基本合意書取り交わしの様子
 (左から、福田知事、稲葉社長)