トップページ » 栃木県の安全性
更新日:2015/12/18 14:51:08

栃木県の安全性

災害に強い栃木県

 大規模な自然災害が比較的少ない地域として知られており、この環境が立地企業の安全・安心の操業を実現します。

 栃木県の気候は、年間を通じて比較的雨量が多い温帯湿潤気候に属していますが、冬場の日照時間の長さは全国3位であります。
 また、地震などの大規模な自然災害リスクが少ない県です。
 平成23年3月に発生した東日本大震災においては、人的被害、建物被害が発生しましたが、県内の主要な鉄道、高速道路へのダメージは軽微であり、多くの企業が短期間のうちに生産活動を再開させています。
 福島原発から近いイメージのある栃木県ですが、空間放射線量は国の基準値を概ね下回っています。